フィリピンの子どもたちを救うメッセージを伝えよう!
(5月15日まで)

フィリピンの子どもたちを救うメッセージを伝えよう! <br>(5月15日まで)


ピープルツリーが24年にわたってご紹介しているフェアトレードドライフルーツ・プレダのマンゴーの生産者「プレダ基金」から、みなさんの協力を呼び掛ける緊急メッセージが届きました。

プレダ基金は、1974年にシェイ・カレン神父がフィリピンで創立したNGOです。
軍や警察からいわれのない暴力を受ける子どもやストリートチルドレン、不当に刑務所に収容されている子どもや、性産業・家庭で虐待を受けた少女たちに安心して暮らせる場所を提供しようと活動を開始しました。また、フィリピンのマンゴー産業が不当な買い叩きにあっていることを知り、フェアトレードマンゴーの販売を始めました。 子どもたちの保護、教育、セラピー、自立支援活動を行うと共に、 安心して暮らせる家庭をつくるためにフェアトレードで親たちが収入を得て生計を立てられるように農家たちをサポートしています。

フィリピンには、貧しさからストリートチルドレンとなって食べものを盗むなどの罪を犯す子どもたちがいます。このような子どもたちが不適切に(大人の監房で凶悪犯らと一緒に)留置投獄されて、傷つき、転落し、さらなる犯罪を生む悪循環となっています。
にもかかわらず今、フィリピン上院では、刑事責任を問われる年齢を15歳から12歳に引き下げるか否かについて議論し、5月15日に投票を行うことになっているそうです。
結果次第では、さらに多くの子どもたちが鑑別所に収監され、暴行や虐待を受けることになりかねません。

問題の解決につながらないこの法案が通過するのを防ぎたいと、カレン神父が緊急の協力を呼びかけています。

国外にいる私たちに投票権はありませんが、この法律について賛否を決めかねている議員たちにメールを送ることで、国際世論を伝え、世界が注目している!と知らせることができます。

▼プレダ基金の活動紹介はこちら

ピープルツリーの生産者パートナー「プレダ基金」
フェアトレードドライフルーツ・プレダのマンゴー

●カレン神父からのメッセージ ~子供たちを救う1票を~

2月4日月曜日、フィリピン上院議会は、法律を修正し、刑事責任を問うべき子どもの年齢の下限を15歳から12歳へと引き下げるべきかどうか決断することになりそうだ。引き下げを決断すれば、フィリピン議会は、市場でバナナを盗んだ12歳の子どもたちに犯罪者としての責任を課すことになり、子どもたちは裁判にかけられる可能性がある。そして青少年鑑別所に送られることになるだろう。ここは刑務所同然の場所であり、ここでの生活も刑務所の生活そのものだ。

鑑別所の中の子どもたちは、17歳の収容者からいじめや暴力を受け、奴隷のような扱いを受ける。そして年長の男の子たちとの性行為を強要される。多くの青少年鑑別所では、他にやることは何もない。我々は、刑事責任を課せられるこのような子どもたちの年齢を引き下げないよう嘆願し続けている。賛否を決めかねている議員たちのメールアドレスを以下に記載する。我々は全ての人々に、子どもたちを救うために行動し、力を貸してくれるようお願いする。現行の法律を変更しないよう、そして12歳の子どもを犯罪者とするような年齢引き下げを行わないよう、上院議員たちに短くてもいい、メッセージを送ってほしい。

▼みなさんからのメッセージ送り先(フィリピン議会議員宛)

Sen. Sonny Angara    sensonnyangara@yahoo.com
Sen. Gregorio Honasan II    piu0720@yahoo.com, gringobhonasan@gmail.com
Sen. Loren Legarda    loren@lorenlegarda.com.ph, appointments@osl.ph
Sen. Ralph Recto        ralphgrecto@gmail.com
Sen. Cynthia Villar    sencynthiavillar@gmail.com

▼メッセージ送付期限
投票日(5月15日)より以前

▼メッセージ例文

(カレン神父が送ったメッセージです。この英文をコピーして貼り付け、ご自分の名前を書く、またはご自分の言葉でメッセージを書いて、上記宛てにお送りください)

Dear Senators:

The Philippines is facing a historical decision regarding its millions of young children under the age of fifteen. Their future is in your rational decision that will save thousands of young innocent children twelve to fifteen years of age from jail.
They will be put on trial charged with criminal acts if you vote to lower the age of criminal liability. Please do not vote to lower the age. Instead, protect the children and uphold the present law.
The nation, child rights advocates and the parents of hundreds of millions of young children will remember you and your vote as the ones who turned the Senate in favor of children and did not act against their best interest. History will remember your vote as the vote that saved these children from jails. More than 300 civil society organizations have signed and published an open letter appealing to you not to lower the age. Majority of Filipinos said they are against lowering the age. The international community is against it.
They are just children and have no knowledge or culpability of what they will do. This is due to their lack of education and being exposed to the bad example of adults and influence by a corrupt society. You as honorable senators are called to protect children from harm and not to expose them to harm. Please do not vote to lower the age. Do not condemn the children to jails.
There are almost no decent government homes or Bahay Pag-asa for children in conflict with the law. The children are placed behind bars in cages without help or hope or education or proper food. This incarceration is illegal under all Philippine child protection laws and international law.
But it happens now and everyday hundreds of children as young as ten years of age are jailed.
They languish in subhuman conditions, become sick and are abandoned behind bars for no crime. They are sexually abused by older youth in small, overcrowded cells. This is happening now, today. This is a serious violation of the human rights and dignity of children. We rescue as many as we can and they tell us of the abuse they suffer. Please allow them to testify, view the photos attached.
The vast majority of children are jailed for simple misdemeanors like breaking curfew, taking fruit in the market, sniffing glue to ease pain and because they are hungry. They are on the streets because their parents are beating them at home or sexually abusing them and they have to run away.
Your vote will be as historical and significant as the Senate voted to remove the US military bases in 1992. You have the swing votes to save the children. We hope you will make a stand, change history and protect the children by making an enlightened and rational vote by saying NO to lowering he minimum age of criminal liability of the little children.
On behalf of hundreds of civil society organizations and the majority of the Filipino people who said in a survey they do not approve the lowering of the age whereby their children can be put on trial and jailed, please vote No.

Sincerely,

(※ここにローマ字で、ご自分の氏名をお書きください)

……………………
(メッセージ和訳文)
上院議員 各位フィリピンは今、15歳未満の何百万人もの子どもたちに関する歴史的な決断に直面しています。彼らの未来は貴殿の理性ある決断にかかっています。その決断によって、12歳から15歳に至るまでの、何千人もの無実の若者たちを刑務所から救い出すことができます。もし貴殿が刑事責任を問うべき年齢の引き下げに賛成すれば、こうした子どもたちは犯罪行為の責任を問われ、裁判にかけられることになるのです。そうではなく、子どもたちを守り、現行の法律を支持していただきたいのです。国民、子どもの権利擁護者、そして幼い子どもを持つ何億人もの親たちは、子どもたちのために議会を動かし、子どもたちの利益に反するような行動をとらなかった人物として、貴殿と貴殿の決断を忘れることはないでしょう。貴殿の決断は、子どもたちを刑務所から救い出した行為として歴史に刻まれるでしょう。300を超える市民団体が年齢引き下げに賛成しないよう陳述する公開書簡に署名し、すでに貴殿に提出しています。フィリピン国民の大半が年齢引き下げには反対だと言っています。国際社会もこれに反対しています。

彼らはまだ子どもです。自分たちがしようとしていることを理解しておらず、責任を問うことはできません。>彼らは教育を受けておらず、大人たちの悪い見本にさらされ、腐敗した社会の影響を受けているからです。貴殿には、名誉ある上院議員として、子どもたちを危害にさらすのではなく、危害から守る義務があります。どうか、年齢引き下げに賛成しないでください。子どもたちを服役させないでください。

法に抵触した子どものために、国の施設であるBahay Pat-asaがありますが、そのほとんどは適切な施設ではありません。子どもたちは、救いも希望もない、そして教育も適切な食事も与えられない状態で監房の中に収容されています。子どもの保護に関するフィリピンのすべての法律の下、そして国際法の下で、このような収容は違法です。にもかかわらず、10歳ほどの何百人もの幼い子どもたちが、今も実際に収容されています。

こうした子どもたちは、無実の罪により非人道的な環境の中で苦しい生活を送り、病気になり、そして見捨てられます。収容者の詰め込まれた狭い監房の中で、年長の若者から性的虐待を受けます。このような事態は、今この瞬間にも起きています。これは深刻な人権侵害であり、子どもたちの尊厳の侵害です。私たちはできる限り多くの子どもたちを救出し、その子どもたちは、自分たちが受けた虐待について話してくれます。どうか彼らに証言させてあげてください。写真を添付しますので、ご覧になってください。

子どもたちのほとんどは、外出禁止令に違反した、市場で果物を盗んだ、苦痛を和らげるため、あるいはお腹が空いているからという理由でシンナーを吸ったなど、単純な軽犯罪によって収容されています。こうしたこどもたちが路上にいるのは、家で親から暴力を振るわれたり性的虐待を受け、逃げ出さざるを得ないからです。

貴殿の決断は、1992年に議会が米軍基地撤退を投票により決定した時と同じように、歴史的かつ意義深いものとなるでしょう。貴殿は、子どもたちを救うための浮動票を持っています。私たちは、貴殿が賢明で理性ある決断をし、刑事責任を問うべき幼い子どもたちの年齢の下限を引き下げることに反対の声を上げることで、明確な姿勢を示し、歴史を変え、子どもたちを守ってくれることを願っています。

自分たちの子どもが裁判にかけられ、収容されるかもしれない。そのような事態を招く恐れのある年齢引き下げを、世論調査の中で認めないと答えた数百の市民団体と大多数のフィリピン国民を代表して、年齢引き下げに反対する一票を投じていただけるようお願いしたいと思います。

FR. SHAY CULLEN            FRANCIS B. BERMIDO JR.

創設者/代表 シェイ・カレン       事務局長 フランシス・ベルミド

シェイ・カレン神父